Google Discover(おすすめ・他10件のストーリー)向けに最適化する方法

Google Discover向けに最適化する方法

皆さんこんにちは。
SEO研究家の大谷です。

おすすめ・他10件のストーリー領域とは!?

早速ですが、スマホで検索時にこんな画面(赤枠)が表示されているのを見たことはありませんか?

興味深い検索・おすすめ領域

2020年1月のアップデート以降表示が見られるようになったGoogle検索結果における改良箇所です。
海外では「興味深い発見」というタイトルで特別なコンテンツ結果領域としてオーガニック検索結果内に表示される場合があります。
日本では「おすすめ」というタイトルで表示されています。

ただ、この表示はかなりまれに表示されます。
また検索クエリによっても表示されるされないがあります。

どのようなタイプが表示されるのか!?

ニュース。

記事。

ビデオ。

PR。

スポーツの生中継等に関連した記事が表示されます。

表示条件とは

確定ではありませんが、検索したものやyoutubeの視聴履歴を中心にパーソナライズ化されていると思われます。
youtubeのフィードと似ていますね。つまり表示条件が確定されていません!

従来のSEOでしたらキーワードやコンテンツが重要でしたが、検索結果で上位表示されていないページもここには数多く表示されるのです。
今回海外情報も含め私が調べた情報から有効と思われる施策を記載します。

有効な施策1:モバイルフレンドリー対策

Google Discoverはスマートフォンとタブレットでのみ利用できるため、コンテンツがモバイルでアクセス可能であることがとても重要です。
また、以下のようにGoogle Search Console(グーグルサーチコンソール)のモバイルユーザビリティエラーの解消も重要になってきます。

モバイルユーザビリティエラー画面

ここでエラーがある方は修正した方がいいでしょう。

有効な施策2:画像最適化

オリジナル画像はDiscoverに表示される上でとても重要で、優れた画像はDiscoverフィードに表示されやすい傾向があります。
また、オリジナル(ユニークともいいます)な画像を作成または使用してコンテンツと関連付けると、コンテンツのパフォーマンスが向上しDiscoverフィード内に表示される可能性が高くなることもあります。
コンテンツ文字は100文字未満でも画像だけで表示された事例は多数あります。
画像は次のことを気を付けてください。

・画像ファイルのサイズは、可能な限りロスレス圧縮してください。

・画像に適したわかりやすいファイル名を付けます。

Google は、画像のキャプションやタイトルなどのページのコンテンツから画像のテーマに関する情報を抽出します。可能な限り、画像のテーマに関連するページの、関連テキストの近くに画像を配置するようにしてください。
同様に、ファイル名も画像のテーマを判断する材料として使用されます。たとえば、IMG00023.JPG よりも、my-new-black-kitten.jpg の方がテーマを判断するために役立ちます。Google公式画像ファイル説明ページ

・適切な代替(ALT)テキスト。

・説明的なキャプション。

があります。

その他の表示に有利な条件

・ampの方が有利

この部分は感覚なので恐縮ですが、おすすめ領域にはAMP対応のサイトが多い気がします。

AMP対応が重要?

・できるだけ大きめの画像がいい。

高画質でサイズの大きい画像(幅が 1,200 ピクセル以上)を使用してください!

・インフォメーショナル、ナビクエリが有利。

・スマホの検索結果に表示される「他の人はこちらも検索」に表示されている単語をタイトルタグ内に入れていると有利。

他の人はこちらも検索画面のキャプチャ

以上が今回の調査内容でした。

試しに弊社のスタッフが記事を書くと2位を取れました。

興味深い検索・おすすめ領域

表示はまれなため、多くの人の目には触れませんが、非常に面白い試みだと思います。
毎回の検索で比較的多く実装されればもっと多くの人が使うことになるのではないでしょうか。

この記事をシェアする
Twitter

この記事を書いた人

  • 大谷

    大谷

    株式会社デザインファミリー  CIO

    株式会社デザインファミリー

    CIO

    自称SEO研究家の大谷です。私は「趣味がSEO」。人に変態と言われながら研究者並みの知識を無駄に積み重ねてきました。不定期ですが、SEOセミナーも行っています。

    自称SEO研究家の大谷です。私は「趣味がSEO」。人に変態と言われながら研究者並みの知識を無駄に積み重ねてきました。不定期ですが、SEOセミナーも行っています。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ページトップに戻る