仮想通貨ビットコイン!?

ビットコインテクノロジー

皆様お久しぶりです。
数か月ぶりの更新となりました。

現在様々なプロジェクトに取り組んでいるため(利益になるかは不明です…)更新が疎かになってました。
これからはちょくちょく更新していきます。

さて、いきなりですが、タイトルに書いてある仮想通貨はご存じですか?

ビットコイン

今や世界NO1の仮想通貨ビットコインのお話しです。

仮想通貨!?ビットコインって何!?

ビットコインは1本の論文から始まった説が有力です。

暗号通貨の技術的な議論をするメーリングリストがあり、2008年にサトシ・ナカモトという人物が『Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System』(ビットコイン:P2P 電子マネーシステム)という論文を投稿してきました。この論文の内容を簡単に紹介すると、従来の管理者が通貨を発行するという仕組みではなく、P2Pの仕組みを利用して分散処理し、暗号化の技術と組み合わせることで、ビットコインの信頼性を担保するというものでした。この考え方に、多くの研究者やプログラマーが触発され、有志が集まってプログラミングを行い、2009年にビットコインが初めて『発行』されます。出典:http://bitcoin-matome.info/

でもこの時、ビットコインに価値はありませんでした。

それから1年後のある時、

エンジニアの一人が「誰かビットコイン1万枚とピザを交換しない?」と暗号化通貨のメーリングリストに、面白半分で投稿しました。このジョークを面白いと思った別のプログラマーが、ピザ屋に注文して家に届け、1万ビットコインと交換しました。出典:http://bitcoin-matome.info/

この取引が、ビットコイン史上初の商取引と言われています。

それから現在までにビットコインの取引が数多く行われ、今年一時は金より価値が高くなった通貨となりました。

リアル領域でも使えるビットコイン

2017年4月1日より改正資金決済法が施行されたのはご存知ですか?
仮想通貨NO1のビットコインの位置づけを明確にした改正法です。

ようは、国が認めたお金になりましたよってことです。

早速ビッグカメラさんが決済システムを導入したそうです。
ビットフライヤー
大手さんのみの導入だけではなく、POSレジアプリ「Airレジ(26万店舗にサービスを提供中)」もこの夏をめどにビットコイン決済に対応することが明らかになりました。

法改正される時は何かしらのビジネスチャンスがあるのでこれからお仕事が入るかもしれません・・・・と思っていたらいくつか仮想通貨サイトの制作依頼が入ってきました笑

1つはビットコインでした。
そのため私は最近ビットコインをよく調べるようになり、広告につきまとわれているのでした。

もしかしたら少し先の未来ではAmazon goの店舗でスマホを使ってビットコインや仮想通貨決済で品物を購入するのが当たり前の日が来るのかもしれません。

この記事をシェアする
Twitter

この記事を書いた人

  • 大谷

    大谷

    株式会社デザインファミリー  CIO

    株式会社デザインファミリー

    CIO

    自称SEO研究家の大谷です。私は「趣味がSEO」。人に変態と言われながら研究者並みの知識を無駄に積み重ねてきました。不定期ですが、SEOセミナーも行っています。

    自称SEO研究家の大谷です。私は「趣味がSEO」。人に変態と言われながら研究者並みの知識を無駄に積み重ねてきました。不定期ですが、SEOセミナーも行っています。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ページトップに戻る