SEO対策について

初心者の方にもわかりやすく最新Googleアルゴリズムを伝えます。

HOME > WEB制作・集客事業 > SEO対策

SEO対策をイメージした分析図

SEO対策とは!?

SEOとは「Search Engine Optimization」の頭文字をとった略語です。その対策を行うことを『SEO対策』と呼びます。以前は比較的簡単にできましたが、2021年10月現在、結果を出すためにはSEOに割けるリソースや豊富な知見をもとに課題抽出してくれるコンサルタントが必須となってきています。また、クローラーリソースを最適化するためにエラーが発生しにくいコーディング技術も必要とされ、専門的な知識得ながらページのリライトや課題修正の継続ができる会社でなければ正しい対策ができないと言っても過言ではありません。その理由はいくつか挙げられますが、まずキーワードを単にちりばめるだけでは上位表示されません。検索キーワードの裏側に存在する検索意図との関連性の高いページを検索結果の上位表示にしようとするため、関連性の高いサイトではなればいけません。そのためには様々な軸から調べるニーズがありそうな単語を調べる必要があります。例えば「共起語」、「サジェスト」などを調べた上で、お客様の持つ“強み”を織り交ぜた独自コンテンツを作ることが重要です。コンテンツ作成後に価値の高くなるページを作るためには、ユーザビリティの高い設計も必要です。高い設計といってもPDCAするしかありませんのでヒートマップやGoogleアナリティクス、Googleサーチコンソールを使用してコンテンツを修正していく必要があります。考えていただくだけでも必要な専門性と作業量は膨大ですので今の時代のSEO対策は簡単ではありません。 弊社では独自システムを用いたAI分析ツールを使うことで文章を形態素解析+tf-idfの数式を使い「アシスト語」、「共起語」、「サジェスト語」を調べ上げることができます。専門的な知識を含め、ノウハウを一部システム化することでスピーディなテクニカル分析を可能にし、お客様にとって有益な対策とノウハウを提供しています。

SEO対策中のイメージ図

対策方法について

デザインファミリーのSEOは大きく分けて2つあり「SEOコンサルティング」と、お客様自身で対策いただく「SEOツール」のレンタルがあります。どちらもWEBマーケティングと自社開発のAI分析ツールから算出したサイトの課題を改善する施策を行います。ユーザーから見た場合に役に立つキーワードやクローラーリソースの最適化、誰が何を発信しているのかを証明する信頼性の施策等を使うことでGoogle検索エンジンになるべく知ってもらい、評価されやすくなる可能性のある修正を行います。一概には言えませんが、SEO会社の多くは内部対策を少ししかせず、あとは使い古されたリンクを外部リンクとして施しているというケースがほとんど。WEB先進国である米国企業の多くはテクニカルSEOと呼ばれる内部施策に多額の費用を投じています。WEB集客で成果を上げるために最も注力すべきなのはSEOの内部施策であるという認識がすでに定着しているのです。

  • キーワード選定イメージアイコン

    キーワード選定について

    サイトによって異なりますが、一般的な中小企業のサイトではサイトに合う『キーワード』選定です。皆さんビッグキーワードを指定しがちですが、サイト全体の評価や権威性、信頼性があってはじめてビッグキーワードの取得が可能です。SEO対策が初めての方におすすめな施策は、ビッグキーワードやミドルキーワードを検索するユーザーの検索意図に近づけるために必要な“ロングテール”と呼ばれる単語の組み合わせのキーワード選定を行い、ページ単位のSEO施策を行って、親カテゴリを含めた詳細ページが網羅的に検索意図を満たせているような専門性が高くなる施策を行うケースが多いです。そのために必要な関連性の高いキーワードや共起語などおすすめキーワード選定を行っています。

  • 分析イメージアイコン

    サイト分析レポートについて

    弊社では理由のない対策を行うことはありません。まずは貴社ホームページの分析を行います。分析とは主にサイトのエラー箇所(重複コンテンツ、低品質ページ)などを調べて改修したほうがいい課題をピックアップ、次に高品質ページの改善やディレクトリマップを作成して、1ページ毎に行うキーワード設計など、ソースコードを理解しながら課題を抽出します。
    その他にも以下のようなページ表示速度の最適化、モバイルユーザビリティエラーなどもチェックしてレポート作成します。

    1:Google公式PageSpeed Insightsチェックはこちら


    2:Google公式モバイルフレンドリーテスト


    ページ表示が遅かったり、スマートフォン対応していないサイトは見直しが必要です。

  • 内部対策イメージアイコン

    内部対策について
    (テクニカルSEO)

    hタグの設置、metaタグの最適化、ページ内文章の修正だけではなく、サイト運営者評価を上げるためにWhois情報のチェックからSSL、サーバーチェック等も行います。サイト運営者評価とはサイトを運営される方の情報がないサイトは信頼性がないに等しいと考えています。そのため運営者を知ってもらうためにも私たちについてなどのコンテンツは必須であり、サイト運営者を証明するためにWhoisチェックは欠かせません。2021年10月現在は少なくなってきましたがスマホ最適化が対応できていない場合は改修のご提案、ページ速度が遅い場合は速度速度最適化のご提案も行うことでコンテンツだけではなくサイト全体の価値を上げる施策を行います。複数の軸からサイトを見るため、お客様毎に内部対策の対策が違うのはこれが理由です。そのためサイト毎の健全なSEO対策を提供していると自負しています。

おすすめのSEO施策 その1:コンテンツページ制作の考え方
ページ最終修正及びチェック日:2021年10月1日(金)
  • SEO対策に適したWEB制作
  • 重要な内部SEO施策となるユーザーニーズを満たした検索意図の背景を記載するコンテンツ制作
    ここからはアドバイスというとおこがましいですが、SEOに興味がある方向けに簡単に考え方を記載していきます。検索エンジンにはAIが組み込まれています。AIは文字列の意味を深く読み解こうとします。ユーザーが検索したクエリの裏側にある検索意図を満たしているサイトを関連性が高いサイトまたはページとして検索結果に返すのがGoogle検索エンジンの方向性であるため、ユーザーニーズを満たす信頼性のある記事作成が必須です。以前は他社が使用しているキーワードを調べて文章調整するだけで多少は評価されていたと思われますが、現在では検索意図を満たしたオリジナルコンテンツが必須であり、オリジナルコンテンツの透明性や信頼性も必要となります。ここで重要なことはどうやって透明性や信頼性を伝えるのかが鍵になります。透明性には嘘をつかないことという基準が考えられると思います。そのコンテンツはどうやって作ったのか、または調査したのか。それを記載していけばいいのです。次に信頼性は誰が何を発信しているのか。その部分を記載すればいいわけです。弊社ではこのような視点でコンテンツ提案を行うことが多いです。また対策したいキーワードの文字列のみを見ているのではなく、対象となるキーワードとは何なのか理解しようとします。そのためユーザーにとって役立つ内容なのか意味を判断しています。意味を検索エンジンが理解して関連性の高いキーワードが記載されているサイトが検索順位上昇しやすいのも事実です。
    また共起語という言葉がありますが、共起語とは日本一のSEOの巨匠である鈴木謙一氏が作り出した造語のことで、共起語を算出する数式がtf-idf(Term Frequency-Inverse Document Frequency)という情報検索やトピック分析の分野で用いられる手法です。このtf-idfを使ったアルゴリズムがGoogle検索エンジンの特許で発見されたことでも話題になりました。共起語は「直接検索順位を上げる要素」ではなく「ユーザーニーズを満たす可能性が高い要素」という位置づけだと弊社は認識しています。

WEBサイト分析イメージ

ユーザーニーズ把握には『マインドマップ』が使える?

ユーザーニーズを導きだすためにはマインドマップを使用することが多いです。ブラウザでいうと検索窓に文字を入力すると候補単語の組み合わせで表示されるサジェスト部分や検索結果の一番下「○○に関連する検索キーワード」というテキストリンクがあると思いますが、この部分も参考にしています。また2021年9月29日に発表されたSearch On’21のイベント発表では今後数か月で検索クエリから「知っておくといいこと」を知らせてくれる機能や、検索の絞り込みや拡大まで検索意図の詳細を検索結果が教えてくれる機能などが実装予定ですのでこういった機能からヒントを得ることもできます。こういった機能を使って対策キーワードと関連性が高く、ユーザーニーズが高いページを作り出すことが可能になります。

  • 新規WEBページ立ち上げイメージ

    マインドマップとは

    イギリスの作家Tony Buzan氏が提唱した思考法で、考え方を可視化する手法です。マインドマップをもとにコンテンツを可視化することで、必要なアシスト語や共起語を含めながら構成を行うことができます。弊社では独自AI分析ツールから導き出したマインドマップを使い、1つのコンテンツだけではなく他にどのようなコンテンツが必要か調べ上げながらページを完成させます。

  • ディレクトリの概念

    ディレクトリやhtml名について

    コンテンツ以外にも重要なのはサイト構造(ディレクトリ)です。ディレクトリ名やhtml名には、情報を持って帰ってもらうロボット(クローラー)が分かり易い方が良いです。例として、『SEO対策』が狙ったキーワードならページを格納するディレクトリ名(フォルダ名)はSEOという名前に。または、htmlファイル名にseo.htmlと付けることが重要です。

  • ホームページ(WEB)内部ブログイメージ

    WEBサイト内ブログについて

    WordPressを使ってコンテンツを作っているお客様も多いですが、WordPressの構築自体がSEO用にカスタムされていなければあまり効果はありません。表示速度、SNS共有、記事毎にこのページは誰が書いているのか、誰のプロフィールページも必要でありながらソースコード内にもクローラーに伝えるために構造化マークアップ(Json-LDを推奨)をすることが重要です。最近ではWordPressのプラグインオールインワンSEOでも代用は可能ですが覚えるためにも1度は手書きで行うことをおすすめします。

おすすめのSEO施策 その2:クローラー対策
ページ最終修正及びチェック日:2021年10月1日(金)
  • 検索エンジンとAIが融合したWEB戦略イメージ
  • 誰が何を伝えているのか?に重きを置いているためWEBサイトの情報収集ロボットであるクローラーにも情報を伝えることが重要です。
    ホームページ情報をGoogleのデータベースまで持ち帰るロボットを「クローラー」と呼びます。クローラーにホームページの情報を正しく持ち帰ってもらうためにはコーディングの修正も時には必要です。

セマンティックWEBを目指すために必要なコーディング知識

セマンティックなWEB施策
「Json-LD」を使用したマークアップ

GoogleはWEB上のデータに意味を付与するセマンティックWEB(意味を持つWEB)を目指しています。構造化マークアップとは要素に意味を持たせるということでWEBの利便性向上を目的にページ毎のデータをコンピュータでも理解できる形で記述することが求められます。結果、検索エンジンによってより質の高い検索結果を得て、求めるユーザーに簡単に見つけてもらうことができます。構造化マークアップを行うとGoogleのクローラーに理解され、望んでいるキーワードでの順位アップが狙えるというわけです。

※構造化マークアップにはJson-LDを使用します。Json-LDはGoogle社が推奨しているマークアップ技術です。

  • WEPページのメタタグをイメージしたソースコード

    メタタグ最適化・OGPの設置・publisherの設置

    メタタグ修正はSEOでは基本中の基本です。スポーツでも基礎ができていなければその先の上達もありません。またSNS共有された場合でもしっかりと情報を伝えることができるようにOGPの設置も重要となります。ページの更新頻度を伝えるための情報設置も重要です。

  • WEBページを構造化マークアップすることでクローラーにも優しく

    JSON-LDを使用したマークアップ

    誰が何を発信しているのかを伝えるためにも構造化データで記述し、情報を確実に持って帰ってもらうサイトに仕上げることで間接的なSEO対策効果が見込めると考えています。

  • WEBページに共起語を対策してよりユーザーニーズを上げる施策を!

    透明性・信頼性の獲得

    コンテンツ作成の上で嘘はNGであり、最悪検索結果から削除されます。膨大な時間と費用をかけてコンテンツを作成しているため、嘘1つで検索結果から消えては意味がありません。そのため、コンテンツ作成する上での考え方やデータ収集方法を記載しておくことをおすすめします。また、メディア取材など複数ある少しでも著名な方であればWikipediaの作成などもおすすめしています。こういった透明性や信頼性を獲得していくこともSEO対策には重要というわけです。

おすすめのSEO施策 その3:E-A-T対策
ページ最終修正及びチェック日:2021年10月1日(金)
  • EAT施策
  • 高品質WEBページの評価基準E-A-Tについて
    Googleが高品質と認めるページにはいくつかの評価基準があります。それをE-A-Tと呼びます。簡単に言うと専門的なコンテンツ掲載があり、発信者の権威性や信頼性の裏付けができたページでしょうか。これは業種によって施策が異なり、施策方法を一概には言い切れません。1つ言えるとすれば公平性の視点に立ったコンテンツ記載でしょうか。ECサイトであれば商品詳細ページに注意点を記載、コンテンツページにはメリットだけではなく、デメリットも記載など。全てのステークホルダーに対して客観的な意見があると好ましいです。

ユーザーニーズ

WEB Page Quality評価(ページの品質)とNeeds Met評価(ユーザーニーズとの一致)

上記で記載した以外にも良いコンテンツとして評価されるためにはページ品質を表すWEB Page Quality評価と、ユーザーニーズ一致を表すNeeds Met評価の双方で高い評価を得る必要があります。検索クエリのユーザー意図と一致するキーワード調査は上記で記載した『マインドマップ』項目を参照ください。集客するために高品質なコンテンツでかつユニーク(どこにも使われていない記事)な記事を作り続ける必要があります。高品質なコンテンツとは更新頻度も含めていますので定期的なコンテンツチューニングが必要です。

  • Expertise施策

    Expertise=専門性

    他の類似ページよりも多くの語彙が用いられ、他人が使わない言葉で説明でき、同じトピックの他ページに出現しない希少性のある単語を用いているページは専門性が高いと認識され上位表示されやすくなります。弊社は専門性が高いと思われるキーワードをWEBマーケティングと独自開発のAIツールから選定します。

  • Authoritativeness施策

    Authoritativeness=権威性

    同じトピックのページからのリンクを獲得し、そのリンクを辿った訪問者を獲得していることが評価されます。つまり、その特定の分野において支持されている証明になるという判断です。多くの支持を獲得している人気コンテンツは上位表示(集客)されやすくなります。

  • Trustworthiness施策

    Trustworthiness=信頼性

    コンテンツに対しての信頼性に関しては、代表的なものをあげると概ね次の2点を満たしているかどうかに委ねられます。一つは高い専門性を持ってユーザーに役立つ情報を提供しているかどうか。二つ目は、高い評価のレビューを獲得しているかどうかです。

SEO対策には複数の施策が必要なのが伝わりましたでしょうか

ユーザーから高い評価を得るためには貴社とSEO会社との「熱意」と「持久力」が必要です。サイトの評価をあげるためには、常に検索ユーザーに寄り添った良い情報を提供し続ける姿勢と努力が必要です。毎日コツコツ地道に積み上げることが検索順位を上昇させる唯一の道となります。SEO会社をうまく使っていただき、お客様自身がSEO業者に負けないコンテンツを作ることができるようになれば弊社の理想のカタチです。悩まれているご担当者様は是非ご連絡ください。


上位表示実績 SEO対策初日で上位表示の実績も多数あります!

売上増・集客が成功したSEO事例をご紹介します。

  • キムチ販売のお客様

    前年同月比売り上げ150%

    対象サービス:SEOコンサル 入門プラン

    エリア:大阪・関西

  • 千紀園様

    公開一週間で対策キーワード1ページ目表示

    SEO対策込みのEC制作

    エリア:滋賀県

  • 老舗和菓子販売のお客様

    前年同月比売り上げ200%

    EC制作,SEO対策スタンダードプラン

    エリア:大阪・関西

  • オフィス用品販売のお客様

    ビッグキーワード1ページ目表示

    SEO対策スタンダードプラン

    エリア:大阪・兵庫県

  • アパレル通販のお客様

    前年同月比売り上げ180%

    SEOコンサル 入門プラン

    エリア:大阪・東京都

  • 占いキュレーションサイト

    無料占いマガジンで1位、占いマガジンで1ページ目

    制作時の初期対策のみ

    エリア:全国

SEO対策・コンサル料金プランについて

弊社のSEOサービスは成果報酬ではなく固定報酬となります。研究と実績で培ったノウハウと具体的な施策を貴社のスタッフ様にお伝えしながら、貴社と弊社が一緒にSEO対策を施していくための「費用」となります。


  SEO対策・SEOコンサル
スペシャルプラン
業務内容 1:SEOコンサル(月数回の打合せ&問い合わせ対応)
2:サイト改善提案書
3:SEO対策のノウハウ共有
初期費用
解約料時のペナルティ
無料(一切不要)
料金プラン/月額料金(税別) 30万円~となります。
※ページ数によって若干金額が変動します。

※各種SEOプランのご契約は最短1年契約となります。

FAQ - トレジャーSEOに関するよくあるご質問

初心者でも簡単にチェックできるようなSEOツールはありますか?
弊社が企画・開発したSEO対策専用のツール「トレジャーSEO」でしたらSEO初心者の方でも簡単にホームページの分析ができ、Google評価基準を知ることができたり、キーワード調査をすることができるインハウスSEO向けツールです。
『トレジャーSEO』に搭載されているコンバージョンキーワードとは何ですか?
Googleアナリティクスの目標設定ページに到達したキーワードのことです。Googleアナリティクスでは目標設定に到達したキーワードが通常わからないようになっているのですが、可視化してお伝えする機能のことをコンバージョンキーワードとよんでいます。
『トレジャーSEO』はどのようにしてホームページの分析を行うのですか?
ページ毎にGoogle評価基準を満たしているかのチェックを行い、満たしていない箇所は項目毎に表示されます。評価基準の具体的な説明も含めて表示されますので初心者の方でもプロと変わらずSEO対策ができます。
『トレジャーSEO』は初期費用がかかりますか?
はい。かかります。29,800円(税抜)となります。
契約期間はありますか?
ご契約期間は1年となります。
ご契約時にはご契約期間の説明、メールでの契約期間の了承という形でやりとりをさせていただいております。
そのため、ご契約期間内の途中のご解約は出来かねますことをご了承くださいませ。
※1年以降は1ヶ月前に申し出がない場合、自動更新となります。
契約後、何が必要になりますか?
グーグルアナリティクスの閲覧権限、サーチコンソールの閲覧権限、トレジャーSEOに登録する対象となるURL、URLのsitemap.xml(無い場合は弊社にて無料作成しますのでお申し出ください)
複数サイトの申し込みは可能ですか?
可能です。
複数サイトの申し込みで値引きは出来ますか?
ボリュームディスカウントはできませんのでご了承ください。
アフィリエイトサイトの契約は可能ですか?
可能です。
古いHPでもトレジャーSEOを使ってSEO対策は可能ですか?
可能です。
SEO対策の効果が表れるまでどのくらいかかりますか?
対策完了後、ロングテールワードなら早くて1週間程度、長くて3か月程度です。ビッグワードですと3ヶ月~最長1年となります。ただし、競合状況・キーワードカテゴリ毎に存在するアルゴリズムによっては、効果時期が多少変動します。
一度会いたいのですがアポイントは可能ですか?
可能です。近畿圏ですと伺御社に伺えます。また弊社(大阪)に来社いただくことも可能です。遠方のお客様はビデオ会議が可能です。

PAGE TOP